宮城県気仙沼市を中心に活動する民間医療用多目的ヘリコプター「特定非営利活動法人オールラウンドヘリコプター」

  • English
かざして募金説明  かざして募金SOFTBANK  かざして募金docomo_au  ARH_goods 
6/24 気仙沼→仙台空港 患者搬送を実施しました

気仙沼市立病院から名取市内の医療機関への転院搬送を実施いたしましたのでご報告させていただきます。

今回は、先日から気仙沼市立病院に入院中の方で、専門加療がさらに必要となり、気仙沼近隣の医療機関では対応が困難との理由で転院となったものです。
嘔気・嘔吐があり、陸路搬送では負担が大きいとのことで、ヘリ搬送となりました。
なお、ARHは緊急運航を休止しておりましたが、前日に医師から要請を受けたため、操縦士、整備士を急きょ手配し、対応しております。

150623_hansou1   150624_hansou3

気仙沼市内のランデブーポイントで患者を収容、仙台空港では民間救急の「リーベン」さんの車両に待機をしていただき、無事に搬送を終了しました。「リーベン」さんのブログでもご紹介いただいております。よろしければご覧ください。
民間救急「リーベン」さんのブログ

150624_hansou4   150624_hansou5

気仙沼市立病院出発から搬送先医療機関まで約1時間で収容しております。通常なら陸路で2時間半程度の道のりです。

また、救急車での搬送も経験された患者様ご本人からは搬送先病院に着く直前に、
「ヘリが一番揺れないね~」
とおっしゃっていただいております。
医師、ご本人ともに心配していた嘔吐もなく、状態の悪化を防ぐことも出来ました。
患者様とは気仙沼の基地で再び再会することを誓い合いました。
こちらで再会できる日を楽しみにしながら、
患者様の一日も早いご快復を心よりお祈り申し上げます。
また、この場をお借りし、搬送に際しご協力いただきました関係機関の皆様に感謝申し上げます。
ありがとうございました。



ページトップ