宮城県気仙沼市を中心に活動する民間医療用多目的ヘリコプター「特定非営利活動法人オールラウンドヘリコプター」

  • English
かざして募金説明  かざして募金SOFTBANK  かざして募金docomo_au  ARH_goods 
三陸新報に患者搬送訓練に関する記事が掲載されました

ARHが10月17日に行った患者搬送訓練の様子が、「三陸新報」に記事として以下のように掲載されました。


【三陸新報 10/19付】「石巻まで20分で搬送」医療ヘリ 23日 運航開始式典

気仙沼市のNPO法人オールラウンドヘリコプター(髙橋雅之代表)が17日、市内を拠点とした医療用多目的ヘリによる患者の搬送訓練を行った。23日には運航開始式典を開催する。
訓練では、朝日町の県気仙沼市合同庁舎跡地に用意した離着陸場で、救急車からヘリで患者を移し、約20分かけて石巻赤十字病院へ搬送。同法人の救急救命士も搭乗し、医師役のスタッフとともにヘリで飛び立った。
訓練用の救急車は、一関市室根町で救急救命士を育成している国際医療福祉専門学校が提供し、学生たちが患者搬送を体験した。
医療用多目的ヘリは、地域の医療格差を改善しよう―と、全国から集まった寄付で運航を開始する。市総合体育館「ケー・ウェーブ」近くにヘリの格納庫と離発着場を整備し、中古のヘリも購入した。運航開始式典は、23日午後1時から格納庫前で行われる。



ページトップ