宮城県気仙沼市を中心に活動する民間医療用多目的ヘリコプター「特定非営利活動法人オールラウンドヘリコプター」

  • English
かざして募金説明  かざして募金SOFTBANK  かざして募金docomo_au  ARH_goods 
1/9 気仙沼市→仙台市 救急搬送

 1月9日(金)、気仙沼市立本吉病院(以下、本吉病院)にて急性大動脈解離と診断された方を、専門処置ができる仙台市「仙台厚生病院」へ搬送するため、仙台空港までヘリコプターを運航しました。

10393777_1659980650895516_6342056587034260240_n

ホットラインが入電した際、日没まで残り1時間を切っており、更に天候が悪い事を理由に機長とも協議をし、一度は要請をお断りしました。しかしホットラインの電話を切った後、スタッフで話し合い、以下の方法ならば安全に対応ができると判断しました。
・本吉病院を日没前に離陸する
・着陸場所は仙台空港とする(夜間の着陸が可能である為)
・同乗していただく医師には公共交通機関等で帰っていただく
・ヘリコプターは翌朝まで仙台空港に駐機する
・ARHの機長と救急救命士は翌朝に安全が確認された段階で帰ってくる

 上記の条件を整える為、ヘリコプターの離陸準備をしながら、各関係機関に手分けをして連絡、受け入れ先となる仙台厚生病院や仙台空港もすぐに準備に取り掛かってくださいました。
 本吉病院に着陸後、病院スタッフの皆様もこれまでの訓練が生かされ、患者様をすぐにヘリコプターへ収容することができました。本吉病院を離陸し、32分後には仙台空港に着陸、その後仙台厚生病院のモービルCCU(ドクターカー)に引き継ぎ、空港から約30分程の場所にある仙台厚生病院に収容されました。

10906469_1659980814228833_1701199855457806017_n

 仙台厚生病院到着の正確な時間はこちらでは把握できておりませんが、仙台空港での救急車への移し替えの時間を含めても1時間強で収容できることになります。これまで救急車を使用した場合、本吉病院から仙台市内まで2時間程度はかかっていましたので、今回は約半分の時間で仙台まで搬送ができたことになります。今回のような循環器疾患の場合は1分1秒を争います。本来は仙台厚生病院の近くに着陸し早い収容が望ましいですが、車両移動だけの搬送より早く医療機関に収容できた事が、大切な1歩だと思っております。 今後も調整を重ね、仙台市内の着陸場所を増やしていくよう努力いたしますので皆様のご協力もよろしくお願いいたします。関係機関の皆様の迅速な対応のおかげで上記条件が全て整い、要請にお応えすることができました。ありがとうございました。

 「患者さんを助けたい。」その同じ目標に向かって、全員が同じ方向を向いていたからこそ、今回の活動が無事終了できたことは間違いありません。そして、今回搬送された患者様の一日も早いご快復を心よりお祈り申し上げます。今後も各関係機関との連携も密にし、この地域の皆様の安心につながるよう努力してまいります。また、皆様からの変わらぬご支援よろしくお願いいたします。

10494778_1659980894228825_7864845918471144676_n



ページトップ